FXトレード手法を検証・チャート分析!FXを勉強するブログ

このブログではEAのことやFX初心者の方に勉強になることを書いていきます。不定期ではありますが、チャート分析した今日の予想と来週の予想を更新します。

Trend_Flip_USDJPYのバージョンアップについて

スポンサーリンク

------------------------------------------------------------

【2019年6月18日 追記】

直近の成績が良くなるバージョンアップを行いたいと思いましたが、複利運用の成績が低下してしまいます。

Ver.8は直近の成績は良いですが、長期バックテスト結果は大きな改善ではありませんので、複利運用の成績を低下させてまでバージョンアップを行う必要はないと思いますので、バージョンアップは見送らせていただきます。

こちらの記事はしばらく経過しましたら削除いたします。

------------------------------------------------------------

 

複利運用したバックテスト結果は以下となります。

f:id:shokukun-web:20190618210520p:plain

 

------------------------------------------------------------

【2019年6月16日 追記】

1つのロジックに対して決済ロジックを追加したつもりでしたが、全てに影響していることが分かりました。

1つのロジックだけに追加してみましたが、そこまで大きな改善にはなりませんでした。

バージョンアップについては時間をかけて検討させていただきます。

------------------------------------------------------------

 

2019年5月22日にバージョンアップを行いましたが、もう一度させていただきたいと思います。

 

理由は複数ロジックのうちの一つに決済ロジックを追加すると成績が良くなりそうだと考えて追加してみたところ直近の成績が大幅に改善されて1999年からの成績にも影響はありませんでした。

 

ほぼ完成はしていますが、もう少し時間をかけて良さそうでしたら再度バージョンアップを行わせていただきたいと思います。

 

バージョンアップしてから1ヵ月も経っていませんが何度も申し訳ございません。

 

Ver.7とVer.8でどの程度の成績アップが見込めるかは以下のバックテスト結果をご確認ください。

 

Ver.7を2018年12月13日から6月14日までバックテストすると以下となります。

f:id:shokukun-web:20190614182540p:plain

Ver.8を2018年12月13日から6月14日までバックテストすると以下となります。

f:id:shokukun-web:20190614182729p:plain

ここまで成績が改善されます。

 

上記のVer.8を1999年から2018年12月13日までバックテストすると以下となります。

f:id:shokukun-web:20190614192128p:plain

 

Ver.7とVer.8では1999年から2018年までのバックテスト結果の違いは決済ロジックを追加したことでVer.7では5ポジション持つところを決済してしまうため総取引数が少なくなり純益が少なくなります。

その代わりに最大DDも少なくなりますが、リスクリターン率にはVer.7とVer.8では大きな変化はありません。

勝率は60%に低下しますが、勝ちトレードと負けトレードの平均が同じくらいになります。 

直近の成績に大幅な改善がありますので、再度バージョンアップさせていただきたいと思います。

 

まだVer.8に追加する決済ロジックは確定していませんので若干上記の成績とは変更となる可能性がありますが、1999年から2018年までの成績も確認してから最終的に判断したいと思います。