FXトレード手法を検証・チャート分析!FXを勉強するブログ

当ブログの記事は全て自分がFXブログや書籍などで勉強して手法を実践経験して得たことを書いています。このブログがFX初心者〜中級者の方が勝てるコツを掴むサポートになれば嬉しいです。ブログでは私がこれまで勉強してきたFXの知識と知恵でチャート分析した今日の予想と来週の予想も更新しています。

【FX初心者必見】トレードはタイミング!役立つFX手法まとめ

スポンサーリンク

FX のトレードはタイミングが重要です。
トレードタイミングを失敗するとロスカットの幅が大きくなったり利益幅が小さくなったり損失が発生します。
FX 初心者の方はトレードのタイミングを見つけるのにどうしていいのかわからないかと思います。
FX でタイミングをつかむ方法はいろいろあって1つの手法だけではタイミングを逃した時に次のタイミングになるまでに時間がかかってしまいせっかくのチャンスを逃してしまうことにもなります。
また、FX の手法を検証するときにも色々なタイミングをつかむ方法を知っていることにより新たなトレード手法を開発することも可能になります。

これまで当サイトで紹介してきた記事の中からFXトレードのタイミングを計る手法や方法について書いた記事をまとめて紹介します。

FXでタイミングを計ることが苦手な方や難しいと感じているなら参考にしてください。

フィボナッチリトレースメントを使ってタイミングを計る手法

フィボナッチリトレースメントは上昇トレンドや下落トレンドで出来たトレンドの高値と安値にMT4のフィボナッチリトレースメントをチャートに引いて「順張り」や「逆張り」や「利益確定」のタイミングを計ることができます。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

ピボットを使ってFXトレードのタイミングを計る手法

ピボットは前日の高値と安値と終値を計算して翌日のレジスタンスラインやサポートラインやピボットポイント(真ん中の線)を算出します。

レジスタンスラインとは価格が上昇中に頭をおさえる抵抗線でサポートラインは価格が下落中に下支えする抵抗線のことです。

ピボットポイントついては記事の中で説明しています。

ピボットのレジスタンスライン、サポートライン、ピボットポイントを使って売り買いのタイミングを計るために役立つ手法を紹介しています。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

FXで20万円を6億円にまで増やしたGFF氏のRSIでタイミングを計る手法

FXを長い間やっている方なら聞いたことがあるGFF氏のRSI手法です。

週刊誌のフライデーに掲載されるほどの実績を持った伝説のFXトレーダーが実際に使っていたRSIを使ったFXトレードのタイミングを計る手法を紹介しています。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

RSIのリバーサルを使って順張りのタイミングを計る手法

RSIは「売られすぎ」や「買われすぎ」を計る使い方だけではなく順張りにも対応した使い方ができる優れたインジケーターです。

トレンドが発生していても順張りするタイミングがつかめないならRSIのリバーサルを活用して売り買いのタイミングを計りましょう。

初心者でも覚えれば簡単に使えます。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

RSIのダイバージェンスを使って逆張りのタイミングを計る手法

リバーサルはRSIを使って順張りのタイミングを計る手法ですがダイバージェンスは逆張りのタイミングに使えます。

順張りだけでなく逆張りの手法を覚えておくと順張り手法を使って利益を伸ばしている途中で逆張り手法のシグナルが発生したら利益確定をして逃げることができたり逆張りをしてダブルで頂くことができることもあります。(あまり欲張ると痛い目にあうので気をつけて使ってください。)

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

ボリンジャーバンドのバンドウォークで順張りのタイミングを計り3σで逆張りのタイミングを計れる優れた手法

ボリンジャーバンドは逆張りのタイミングを計るだけのインジケーターと思われていませんか?

ボリンジャーバンドは+-の1σでバンドウォークをすれば順張りのタイミングを計ることができます。

RSIのリバーサル手法と組み合わされば複数の順張りシグナルが重なることになるのでF順張りの勝率もアップします。

また3σ内に99.73%価格が収まると言われているのでRSIのダイバージェンス手法と組み合わされば逆張りの勝率もアップします。

もちろん3σにタッチしたら利益確定するといったシンプルな使い方もできる優れた手法です。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

FXの王道RSIインジケーターの使い方からタイミングを計る手法を解説

RSIは売られすぎや買われすぎを計って逆張りのタイミングをお知らせしてくれますが、使い方によっては順張りにも使えます。

GFF氏のRSIの使い方は10分足にトレンドラインを引いてブレイクしたら順張りをする使い方でしたが他にも順張りをする方法があり記事の中で紹介しています。

RSI手法を極めたいならご覧ください。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

バンドウォークを使って売り買いのタイミングを計る手法

バンドウォークはボリンジャーバンドで有名な手法ですが移動平均線(MA)にタッチしたらトレンドが継続したり跳ね返されたりするのはバンドウォークと同じ現象なんですね。

移動平均線をバンドウォークしているといった見方で使うと移動平均線を極めることができます。

移動平均線はRSIよりもメジャーなインジケーターなのでバンドウォークするタイミングをつかまえればFXの勝率アップにつながります。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

グランビルの法則を使ってタイミングを計る手法

グランビルの法則は移動平均線でタイミングを計るなら覚えておきたいFX手法です。

グランビルの法則には4種類の売り買いシグナルが存在するので4つの売り買いタイミングを覚えて応用していきましょう。

FXの売り買いタイミングは一つの方法だけではなく複数のシグナルが合わさると強力なシグナルになり専業トレーダーの方やFXディーラーの方はそこをピンポイントで狙っています。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

移動平均線を使ってタイミングを計る手法!移動平均線はシンプルで王道FX手法

移動平均線はFXトレードをされている方なら認知度100パーセントと言ってもいいくらい王道インジケーターでFXの売り買いタイミングを計るには重宝します。

FXトレーダーがチャートと言えばまず移動平均線が思い浮かぶんではないでしょうか。

移動平均線はFXをしている人は大体使っているインジケーターなので多くの人が使用しているので大衆心理が働き重要なシグナルとなります。

移動平均線を使った手法はゴールデンクロスやデットクロスが有名ですが「パラメーター設定はいくつを使えばいいの?」など解説しています。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

ダイヤモンドフォーメーションで売り買いタイミングを計る手法

フォーメーション分析といえばダブルボトムやダブルトップなどが有名ですが、ダイヤモンドフォーメーションは知らない人が多いかもしれません。

ダイヤモンドフォーメーションはトレンドの途中で発生した場合は反転のシグナルになる確率が高いです。

反転といえば逆張りになるのでRSIのダイバージェンスも一緒に確認できると高確率での逆張り手法となります。

www.xn--fx-5i4a2a9j4f618u4g1ab6j8wdr9mz22g.biz

 

まだまだFXの記事で書けることがたくさんあります。

少しずつ更新していきます。