FXトレード手法を検証・チャート分析!FXを勉強するブログ

当ブログの記事は全て自分がFXブログや書籍などで勉強して手法を実践経験して得たことを書いています。このブログがFX初心者〜中級者の方が勝てるコツを掴むサポートになれば嬉しいです。ブログでは私がこれまで勉強してきたFXの知識と知恵でチャート分析した今日の予想と来週の予想も更新しています。

お名前.comデスクトップクラウド for FXのVPSを契約!!

スポンサーリンク

販売開始前のEAや販売中のEAをフォワードテストするためにVPSを契約しました。

ゴゴジャンでもフォワードテストしてくれていますが、時々動かなくなったりするので自分でもフォワードテストしてみようと思いました。

デモ口座ですが、myfxbookにも登録してみたいです。

では、今回お名前.comのデスクトップクラウド fo FXを実際に契約して使ってみて感じたことを記事にします。

お名前.comデスクトップクラウド fo FXで無料セキュリティソフトは入れられない


VPSを契約して最初にやりたいことはセキュリティソフトをインストールすることだと思います。

大事なデータやログイン情報などが入っているためウイルスには気をつけたいですよね。

ネット検索してもVPSを契約したら最初に無料のセキュリティソフトでもいいから入れておいた方がいいと解説されていました。

そこでマイクロソフトの無料セキュリティソフトをインストールするため試行錯誤しました。

しかしお名前.comデスクトップクラウド fo FXには無料セキュリティソフトを入れることはできませんでした。

VPSでマイクロソフトの無料セキュリティソフトをダウンロードするには「サーバーマネージャー」にアクセスしなければなりません。

お名前.comデスクトップクラウド fo FXではサーバーマネージャーにアクセスすることはできません。

そのためサーバーマネージャーの変更をできずマイクロソフトから無料セキュリティソフトをダウンロードできませんでした。

お名前.comのサポートに電話をして確認しましたが、できないということでした。

どうしてもセキリティソフトを入れたいならば違う方法もあるかもしれませんが、現在のところ有料のサーバー専用セキュリティソフトが必要のようです。

PC5台まで使えるカスペルスキーをインストールできなかった


PC5台まで入れられる有料版のカスペルスキーを使っているのですが、お名前.comデスクトップクラウド fo FXにはインストールすることができませんでした。

これについてはカスペルスキーに電話で問い合わせてみたところVPSサーバーはOSがWindows Server 2012 R2 Standardというサーバー専用のOSになっているので法人用のカスペルスキーサーバー用セキュリティーソフトを別に契約しなければなりません。

VPSにセキュリティーソフトは入れなくても大丈夫


最終的にVPSにセキュリティソフトを入れないことにしました。

ウィルスに感染するには主に危険なWebページを閲覧したり不審なメールを開いたり添付ファイルをダウンロードすることで感染します。

MT4だけを使っているならば特にウィルスに心配することはないとお名前.comのサポートの方に教えていただきました。

また、お名前.comデスクトップクラウド fo FX側でもセキリュティ対策を行っているとのことです。

お名前.comデスクトップクラウド fo FXのセキュリティ対策


VPS全般に言えることですが、Windows Updateを更新することです。

危険なWebサイトは見ない、メールボックスからウイルス感染しないためにメールは開かないなどです。

お名前.comデスクトップクラウド fo FX独自のセキュリティ対策はお名前.comの会員IDとパスワードを流出させない解読させないことです。

パスワードは大文字、小文字、数字、記号を使って文字数は12文字以上にしておくと安全です。

お名前.comデスクトップクラウド fo FXにログインする際の初期パスワードに関しては元々解読されにくいパスワードになっているそうなので、変更せず使っても安全とサポートの方に確認しました。

VPSを契約して一番最初に気をつけておきたいことはセキュリティだと思うので、セキュリティのことばかりになってしまいました。

他にも書ける内容が見つかれば追記していきます。

お名前.comデスクトップクラウド fo FXを契約されるなら以下からお申し込みできます。